Cプロップ
シーバスエディション
Cプロップシーバスエディション
プロップベイトソルトバージョン
可能性を拡げるラージサイズ

Cプロップ シーバスエディション

フィッシュイーターが我を忘れる水面直下「サブサーフェイス」へとターゲットを誘い出す「コーリングアップ」メソッド。シーバスフィッシングのジャンルにこの概念を提唱したプロップベイトシーバスエディションに、待望のラージサイズが追加となりました。

Aプロップでは射程圏内に捉え切れなかったターゲットへのアプローチを可能にすると共に、荒天下での取り回しも向上。サーフ、磯、大河川の河口域、干潟等、プロップベイトの可能性を大きく拡げるモデルです。その可能性は大きく広がりを見せること間違いありません。

前後のプロップが回転することによるフラッシング+微波動。常に回転し続けるというテールスピンジグに似たアピール性能はリップ付ミノーはもとより、リップレスミノーとも一線を画する存在。その特性がマッチする状況は確実に存在し、その爆発力は他のルアーを寄せ付けません。

使用方法/基本パターン
プロップが水面を僅かに盛り上げる程度のスピードでリトリーブするのが基本(その理由は、通常のスィッシャーのように水面を泡立てるのではなく、水面を盛り上げるように攪拌することを目的としたWBPプロップの搭載。ただ巻きでも高回転にて水を攪拌しターゲットに強烈アピールします)。
ただ投げて巻くのみです。下手な小細工は特に必要なく、シーバスが乗るまでステディーリトリーブして下さい。
使用方法/バチ抜けパターン
超低速リトリーブでもプロップはスムースに回転。だからスローリトリーブするだけで水面直下を滑るように静かに波紋を立てて進む「バチ」を演出できます。
また、フィールドテストにおいては、サイズを選べないような状況下においても、このルアーを併用した際にはバイト数を極端に下げることなくアベレージサイズをアップさせる事が可能でした。
使用方法/水面が波立った状況
ロッドティップを下げ、波間に潜り込ませるイメージで、やや早めのリトリーブがお勧め。荒れ気味の波間に潜り込ませる事により、水面下のシーバスに大きくアピールします。
使用方法/ドリフトメソッド
リーリングは控えめに、川の流れに乗せてルアーを送り込むテクニックです。この際にもWBP可変プロップは絶えず回転し続け、シーバスをバイトに持ち込みます。
製品概要
  • SMSD

  • SMRG

  • SMS1

  • SMWO

  • SMRH

  • SMPS

  • SMSD/G

LENGTH 107mm
WEIGHT 約22.5g
TYPE フローティング
HOOK カルティバST-46 #2
PRICE ¥1,900+税